冬虫夏草…実はキノコ(菌)なんです!

「不老長寿の万能薬」と言われている冬虫夏草。

その言われ様に「そんな事ないでしょ~。

昔の人は大げさだな!

」と鼻で笑ってしまうかもしれません。

ですが、それもあながち嘘ではないのです。

確かに不老ではありませんし、飲み続けたからと言ってずっと若いままを保っているわけではありません。

しかし細胞レベルで免疫を修復しますしそれによって肌の衰えはもちろんの事、身体の中の細胞を修復=未然に病気を防ぐとも言われているのです。

昔の人からすると飲むと健康を維持出来る=不老と呼んでいたのかも知れませんね。

ちなみに長寿に関しては先程説明した、未然に病気を防ぐ事から長生きが出来るといわれていると思います。

そんなちょっと気になる冬虫夏草について、ご紹介させて頂きたいと思います。

ちなみに冬虫夏草という名前とは裏腹に実は虫から生えたキノコなんです!

それを他の植物などと調合して漢方にしたり、煎じて飲んだりして不老長寿を手に入れるというわけなのです。

前のページで紹介した様に虫から生えたキノコって…何だか神秘的な様なそうじゃない様な複雑な感じですよね。

ちなみにこのキノコ菌は全世界に約300種類程しかなく、その中でも学名:コルディセプス・シネンシスという虫に寄生、発芽したものしか効果が無いですし、数も少なく見つけるのも大変でかなり貴重なものだと言われているのです。

冬虫夏草は昔から中国でとても貴重な薬として使われてきました。

それが日本に渡り日本でも不老長寿の万能薬として親しまれているというわけなのです。

ちなみに今から紹介するのは私が普段見ているサイトのひとつなのですが、この冬虫夏草を漢方薬にするにあたってよく一緒に調合されている植物が掲載されているサイトなのです。

他にも様々な漢方薬について事細かに載っていますし、身体に与える影響や効能、どんな症状に効果があるのか、その植物を調合する事によって起こりうる副作用の有無までも載っているのでとても役立ちます。

身体に影響を与える冬虫夏草について詳しく知ろう!